ガッカリダンサーダクスターのションボリSWG日記
Throw away all, the thing left there is only "ZENRA".
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第43回全裸祭り告知
538 名前:名も無き冒険者[sage] 投稿日:2005/12/03(土) 20:04:08 ID:uxgbeQzw
雪がしんしんと降り続ける12月週末の土曜日、コレリアタイレナSP前、時間は夜、22時前。
毎年おなじみの赤と白の派手な衣装を身にまとった、少しくたびれた中年の男が道行く人に声をかけている。

「メリークリスマス!子供たち!みんな、良い子にしてたかな?泣いてる子はいないかな?悪さをしている子はいないかな?」

元気良く声を張り上げている男の視界に、ふと、うずくまって泣いている少年の姿が入った。
少年はこの寒さの中、何も着ず、ただじっとうずくまっている。

「どうした?ボウズ?何を泣いているんだ?服はどうした?
・・・・・ほう、悪い奴らに突然服を脱げと脅されたのか、、、それはかわいそうに、、、その格好じゃ風邪ひいちまうぞ、、、

サンタさん、何か着るもの欲しい、だって?
ムチャ言っちゃいけないな、こう言っちゃ何だが、俺はただのケーキ屋のバイトだ。
3ヶ月探してやっと見つかった仕事先なんだよ、、、俺も無事に年を越さないといけないからな、、、

・・・・・わかった、、わかったから泣くな、、、
とは言え、俺も無一文だしな。やれるものと言っても、、、そうだ、これをやろう!
何?いらない?わっはっは!ボウズ、こういうときは遠慮しちゃ行かんぞ!いいから全部もってけ!」


10分後、「またお前か!」の声が聞こえ、全裸の男は帝国兵に連行されていった。

後には、ぶかぶかの赤と白のサンタ帽をかぶり、真っ白なブーツと真っ赤なホットパンツを履いた少年がとり残され、相変わらずうずくまって泣いていた。。。



※コメント
一足早く全裸祭り用クリスマス衣装を作ったのでこの告知となりました。
こうやってみると短い文章ですが、モバイルで書くと推敲しづらいし、文字数の制限は厳しいしで、このタイプのはいつも大変でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daxter.blog7.fc2.com/tb.php/603-1ecabde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。