ガッカリダンサーダクスターのションボリSWG日記
Throw away all, the thing left there is only "ZENRA".
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある長くて熱い夏の一日
7月23日(土)

く眠れなかった、、、(つдT)

でも、何故だか目は冴えてます。

本番当日、、、
やれることはまだまだ一杯あったはずですが、何とかギリギリのところで出来る限りのことはやってみました。

あとはアドリブで何とかしよう、と心に決めました。

さて、最終打ち合わせがあり、Libaさんからパンの配給イベントについての最後の確認がありました。
20050819174056.jpg
おいしいアンパンいよいよ本番間近です。

まずはイベントパークのレンタルにケレンのホテルにみんなで向かいます。
昨日深夜にいきなりお手伝いをお願いしたにもかかわらず、Anselさんが駆けつけて、レンタル品を借りて頂いたので、私は夏祭りとは直接関係ない、トレジャーボックスを5つ借りることができました(!?)。ありがとう!
20050819174558.jpg

会場に戻って、みんなでイベントパークを設置していきます。
20050819174834.jpg

どんどん夏祭りの会場らしくなってきました。
20050819174932.jpg


Danaeさんが、最後の花火を納品して下さいました。
約10万発の花火です。しかも高品質なものばかり。
20050819175217.jpg
作るのとても大変だったと思います。
そもそもこれだけの花火を用意して頂いたおかげで大規模な打ち上げが可能になりました。
感謝しても感謝しきれません。本当にありがとうございました。

そして私は最後の仕込みにかかります。
20050819175450.jpg

何の仕込みかって?

・・・・・

・・・・・

まあ、土曜の夜ですからこっちの祭りもついでに、、、
20050819175623.jpg
Katana全裸夏祭り'05記念パンツです、、、20枚ずつ5ヶ所に計100枚。
作るのとても大変だったと思います。
そもそも、これだけのパンツを…(中略)・・・本当にありがとうございました。

開場約30分前。
既に人が集まり始めてます。
20050819180052.jpg

会場の説明開始。いよいよです。
20050819180327.jpg

協賛のスポンサーの読み上げ。人が一杯集まってきました。
20050819180441.jpg

私も急いで最初の打ち上げ場所であるテント村へ向かいます。
20050819180527.jpg


一回目の打ち上げはでしたTT。

打ち上げから打ち上げの間は準備を抜くと約40分間あります。
とは言え、間にマクロ入れ替えなど、やることも多く、急ぎ足で開場を回ってみました。
テント村
20050819180912.jpg
小さなマーチャントテント10個はどこも人が一杯。
20050819180955.jpg
テント村から出てくると、いつの間にか、花と、パンツと、花火(エンタ小道具のスパークラー)と、自爆ドロイドを購入してました、、、

第二ステージ。
20050819181106.jpg
自由に使ってよいという設定のステージで、少し離れたところにあったのですが、私の予想とは違って賑わっていました。
特にエンタの皆さんが大勢で踊っていたのが印象的です。

2回目、3回目の打ち上げは崖下からです。
SSはこれしかありません。
打ち上げは、本当に忙しくてSSを撮っている隙がありませんでした。
20050819181716.jpg


再び会場を急ぎ足で見て回る。
コンサートの模様
20050819181845.jpg
とにかくすごい人でした。やっぱりコンサートっていいですね。私も舞台に立ちたかった気がしますが、また次の機会にでも。

我らが全裸祭りのエースによるダジャレショウ
20050819182055.jpg
会場全員がダークサイドに引き込まれていきます。
打ち上げがあって最初の部分しか聞けなかったのはとても残念。。。

エンディング直前に、優勝者発表の為のマクロ入れ替えなどでエンディングが遅れているとの情報。
打ち上げ準備をしていたのですが、着てる物を脱ぎ捨て、今がチャンスとばかりに舞台に駆け上がりました。
20050819182559.jpg
エンディングが遅れて喜ぶ人。引っ張れるだけ引っ張ります。
20050819182639.jpg
ハァハァ
20050819182806.jpg
踊りたい放題でした!

そして、エンディングの花火へと、、、
場所はメインステージ後方。
エンディングの司会の声も聞こえず、ただただ静かです。
打ち上げスタッフ全員で横一列に並んで待機。
20050819183037.jpg

インベントリ内。
火がついたら周囲1キロは吹っ飛びそうな量です。
20050819183233.jpg
スタートの合図と同時に、ただひたすらマクロと手動による連打!1秒に3・4発の割合で15分間打ち上げ続けました。
きっと正面からはネズミーランドのような花火を見ることが出来たと思います。

そして終了の合図。
打ち上げに必死でエンディングらしいエンディングが分かりませんでしたが、ようやく終わりました、、、

会場に戻ると、打ち上げで見れなかった漫談の2回目の公演が行われてました。
20050819183419.jpg
見るのを諦めていただけに嬉しいです。

その後、みんなで色々話をしたり、まだ会場に残ってた特設レースコースにチャレンジしたりして、夏祭りの余韻を楽しんでいました。

そして、ひっそりと祭りの後、、、
20050819184000.jpg




感想などを、、、

前回のオトノチカライベントでは、途中参加でダンサー、ということもあり、メインのミュージシャンの方の苦労は今ひとつ実感として伝わってきていません。
そのせいかどうか知りませんが、終わった後、物凄く達成感を感じることが出来ました(笑)。

今回は事の最初から参加。
宣伝活動と、ギリギリになって決まった花火打ち上げの大役の2つをメインに、5週間の間ずっと夏祭りの準備にかかわってきました。
起きてから寝るまで、暇があれば夏祭りの事を考え、夜寝ていても夢に出て来る始末。
ですから、終わった後の達成感はありません。
いや、きっともっと後になってから出てくるのだと思いますが、今は解放感の方が強いというのが正直なところです。

では、楽しくなかったか?
と言われると、楽しかったですよ。モチロン。
そりゃ楽しくなかった場面場面はありましたが、そんなの極一部で、本当に楽しかったです。

特に新しい人との出会いが印象的でした。
普段、PCやPAに参加せず、野良でウロウロしている身としては、一時期とは言え、こういう組織に身をおいて、その中で初めて出会う人と親しくなっていけるのはとても貴重な体験です。

こうやって、組織やグループに拘らずあちこちの人が一つの目的に向かって協力出来る場というのは、本当にありがたいし、今後も何らかの形で続けていきたいものであります。


さて、とりあえず一段落つきました。
明日からは、まったりとした生活が待っているのか、それともスリルに満ちた冒険の日々が待っているのか、それは明日になってみないとわかりません。
まあ、マイペースでいきますよ。何事も。
それに、電池切れで、しばらく充電も必要そうですしね。



最後に、、、

テント村を回ってるとき、ふっと夏の感じがしました。
何が夏の感じか、具体的にどう感じたのかは、はっきりと言えませんが、懐かしい感じがしました。
この時初めてああ、夏祭りをやってよかったなぁと心から素直に思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。